このテーマをインストール
吉本 関心が薄い、強いというのは表層的な部分です。つまりエロティックなものが外に向かって表象されないということなんです。同種族間の結合力の方にエロティックな問題が回収されてしまっている、血縁の男女間の繋がりが非常に強固であるのが妨げになって、エロスの問題が語られづらくなっているように思います。そこでエロスが何かにすり替えられてしまうんですね。しかし、これは一歩間違えれば近親相姦の領域に入ってゆきかねない。

―日本の家庭内における母子関係の強固さについては以前からご指摘されてらっしゃいましたね。

吉本 そこが一番大きいんじゃないかなと思ってます。皆さんが東北の人だったらちょっと困ってしまいますけど、僕は東北の人達と五年程前から付き合いをもっているんですが、東北地方の一部の地域においては、この同族意識、家族意識が、他の地域と比べても強固に社会化されていて、エロスの問題が明確にそこに回収されてしまっている気がするんです。僕はその問題に5年間悩まされています。

―と、言いますと?

吉本 最初にも言いましたが、エロスというのは家庭的要素と社会的要素に大別されるもので、これは同視できるものではないんですが、それが混合されている節があるんですね。性的な男女関係というのは元々は異族の男女が、親愛感をもつことに始まり、一緒に同居して暮らし、家を作り、その家が拡大すると親戚の集団となっていくというものです。一方、社会集団、政治集団、趣味の集団など、親族の集団の外にはたくさんの集団がありますが、これらは飽くまでも社会的なものであって、家族集団や親族集団とは全く違う。

つまり、血縁の男女間の問題と、結婚して所帯を持っていい男女間の混合がある気がするんです。それが一緒くたにされてしまうのは間違いなんです。なぜ間違いかと言えば、それを累代重ねていきますと、精神的な障害者、肉体的な障害者が生まれやすくなってしまう。そのおおよそのところは医学的に明らかになっている。同族男女の結合は禁制とまでは言いませんが、一応は遠慮すべき事柄なんです。

―日本的な家族関係の強固さが、過度に内向したエロスを生ぜしめかねないということでしょうか?

吉本 近親関係、家族関係の結合の仕方の中でエロスが過剰に内密的に扱われてしまっている。さらに、それを余り問題にしてはいけないという気風がある。これは日本全体においても言えることです。例えばある学校で、学校の先生が生徒も交えたところにいる場面で、話題がエロスになったとします。僕がエロスと家族制度について話をしていたりすると、学校の先生は、「そういうことを余りしゃべらないでください」と手の信号で合図してくるんですね。おおっぴらに語ることが許されない。家族制度の強固さに性の問題が食われてしまっているんです。

異なる血縁集団に属する他者との性的結合が、外へ外へと拡大してゆく運動なのに対し、近親相姦は、内へ内へと向かう運動であり、これは社会を縮小させてしまいます。家族集団と社会集団の相互侵犯の関係というのは、これまでは悩まなくていい問題だったんですが、現在は物凄く大きな負担として僕にのしかかっています。
 実際、仕事の中身もひどいものだ。盆も正月も休みなし、強姦まがいのセックスをして得意がる男たちを替わるがわる相手に、一晩で十回以上も務めを果たす。さらに昼間に客が来てしまうと、都合四十時間ほど働き詰めだ。月に一日だけ公休日があるものの、脱走しないよう看守人付きの外出しか許されない。あとは生理中だろうが親兄弟の命日であろうが、お構いなしに仕事が入る。事が終わるたびに下湯を使うため、これが真冬になると身体に響く。あっという間に体内が傷つき、ひどい場合には膿んでしまう。


 病が高じると都の経営する性病専門の病院、吉原病院に入院することになるが、ここの待遇がまたひどい。出て来る飯は南京米、つまりタイ米などと同じインディカ種のコメで、ぱさぱさしている上に独特の匂いがあって、日本人には食べにくい。おかずは麩の煮たのと沢庵だけである。
 しかもこの病院は、相部屋どころか布団まで、二人で一組を使わせていた。当然ながら煎餅布団で、冬はすきま風が吹き込む有様だったらしい。おまけに意地の悪い掃除夫の婆あが徘徊して患者をいじめ、夜になると綺麗な花魁が「綿を下さい、紙を下さい」と言いながら「出る」のである。だが、そんな病院にさえ滅多に店は入院させない。入院する暇があったら客を取らせたいからだ。


 もともと彼女たちは借金を背負ってこの遊郭に来ているのだが、店にはそんな彼女たちから情け容赦なくむしり取るシステムができている。客の遊び金を「玉(ぎょく)」というが、そのうち七割五分が楼主の取り分。残りのうち一割五分は借金の返済分として天引きされ、彼女たちにはわずか一割しか渡らない。天引き分だってきちんと返済に充てられているかどうか怪しいものだ。
 盆や正月などの「しまい日」には「玉抜き」といって、客はふだんの倍の料金を払わされた上に、遣り手婆あに祝儀を弾んだり、芸者を呼んだりしなくてはならないというしきたりがあり、当然こんな日に来たい客はいない。すると店は客のつかなかった花魁から、一日二円の罰金を取る。一時間の遊びがちょうど二円だったというから、当時の二円は現在の数万円の感覚だろう。

thecyberwolf:

Illustrations

Inks & Colors by Jeremiah Skipper

Pencils by Jeffery “Scott” Campbell

themoonphase:

bangaraanged:

reekswrath:

highigor:


I mean srsly how often do you see a snail drink water?

oh my goodness this is actually the cutest thing
oh my gosh it’s adorable!
Yo there’s an adorable snail drinking water on your dash
Reblog that shit
this is weirdly hypnotic
shiny


probably the highest quality gif I’ve seen in a while
and it’s a snail
I thought snails would transform into butterflies

Maybe it was sleepwalking and randomly felt water and was like yo bitch that was cold

themoonphase:

bangaraanged:

reekswrath:

highigor:

I mean srsly how often do you see a snail drink water?

oh my goodness this is actually the cutest thing

oh my gosh it’s adorable!

Yo there’s an adorable snail drinking water on your dash

Reblog that shit

this is weirdly hypnotic

shiny

probably the highest quality gif I’ve seen in a while

and it’s a snail

I thought snails would transform into butterflies

Maybe it was sleepwalking and randomly felt water and was like yo bitch that was cold